スタッフ日記

スタッフ日記 · 29日 4月 2018
この質問に対し私は、恥ずかしながら「はい」と答えます(笑)...
スタッフ日記 · 19日 3月 2018
 この言葉は私のとても好きな言葉であり、「多くの人を理解できるようになりたい」という人生の願望があるのですが、しかしながら同時にその難しさに日々悩まされます。...
スタッフ日記 · 12日 3月 2018
 「愛情」の反対にあるものは何?と聞かれれば、それは「憎しみ」かな、とずっと思ってきましたが、実は「嫉妬」であるということを知った時、なにか本当にあっさり納得しました(笑) 個人的には、人に対して「憎しみ」を持ったことがあるか?と聞かれれば殆どない。一時的に恨んだことがあってもすぐ忘れてしまったなぁ。という感覚です。人を恨むにもエネルギーがいりますし、忙しい毎日の中では次々と情報が入ってくるので、いつの間にか流れていった、という感覚です。  しかし「人に対して嫉妬したことがないか?」と聞かれるとそれはないとは言えない、と思ってしまいます。皆さんはいかがでしょう?多くの方の日常にこの嫉妬という言葉は引っかかってくるのではないでしょうか。ちょっと嫌な思いをした、ある人を避けてしまった、などよくよく考えてみれば相手の人に嫉妬心があったなぁ、と思い当たることが多いのではないでしょうか。そしてそれを自分で認めたくなくて、無視しようとしているのではないでしょうか(笑)  嫉妬とは、いろいろな相手に対して感じるものだと思います。自分のライバル、というのは非常に分かりやすいですが、もっと感じてはいけない相手である、友人、家族、配偶者、子供、兄弟、恋人、同僚、先輩、後輩等の身近な人に対してその心を持ってしまうことは実は多いのではないでしょうか。醜い心と分かりつつ、処理できないでいる。そしてついに言ってはいけない「悪口」「批判」が出てしまう。それで一時スッキリした感覚になっている。  これについて確かに人の悪口を言ってはいけないのかもしれません。しかし単に相手の悪口を言ってはいけない、では気持ちに整理がつかないことが多いと思うんですね。言っている方は自分なりに正当性を持って相手を批判していると考えているわけです。しかしなぜ悪口を言いたくなるのか、これを知れば逆に言えなくなるんです(笑)  つまりは「嫉妬する相手が自分の理想像である」ということなんですね。人は自分の興味や関心がない領域について嫉妬することはないのだそうです。そしてその理想像に向かって悪口をいう、ということはそれを否定してることになるんですね。ですから、自分で自分の明るい理想を否定していることになるので悪口はいえない、ということになります。  また逆に、自分が嫌な気持ちをもつ相手を見つけたら、なぜ嫌な感情を持つのかを分析していくと自分の興味が何にあるのか、分かることがあります。実はこれは私がよく使います。     始めのうちは自分でも気がつきません。そのうちなぜ、自分はあの人に嫉妬にも似た嫌な気持ちを抱くのか、と感じてきたならば、よくよく相手を観察して、どの場面で感じているのかを自分で知って分析する、ということはよくやっております。これはきっと誰もやりたがらない。きっと劣等感に直結してしまうからですね。しかし、自分を知る上で大切なことです。  そして実は頭では感じてなかったけど、実は心ではそうなりたかったんだ、と分かったなら、受け入れる努力をするといいですね。一段人間が大きくなった感じがします。さらにもう一つ、その理想の相手を褒めて、「肯定する」ことをしなくてはいけません。  人は自分を肯定してくれる人と友達になりたいと思うんですね。自分を敵視する人とはなかなか一緒にいたくはありませんが、自分を肯定して祝福してくれる人とは一緒にいて何でも教えてあげようとする傾向があります。ですから、一生懸命仲良くなって、いろいろ聞けばその理想へ向かっての成功法もきっと教えてくれるでしょう。  これはきっと皆さまにとって意外な話だと思いますが、言われてみれば否定はできない話だと思います。  嫉妬心とは、自分で自分を窮地に落とし入れる感情です。この反対の心を持つために、相手を肯定して認める努力をすること。ここが一番苦しくて無意識に避けて悪口を言ってしまう事が多いが、それではいつまでたっても成功できない、ということです。その反対の心を持って、相手を肯定し祝福してあげること。これこそが自分の成功法である、ということですね。 なんというか、努力するしかないですね(笑) ナチュラルケア水道橋外来センター 文:竹島
スタッフ日記 · 07日 3月 2018
 最近、面白い本に出会いました。『やさしいダンテ<神曲>』(阿刀田高著)。イタリア・フィレンツェの詩人、ダンテの『神曲』を読みやすく解説し、非常にユーモラスな表現で読者を楽しませてくれる内容になっています。...
スタッフ日記 · 23日 2月 2018
最近言葉は変われども、様々な方にこの部分を詰められている感じがします。 商売をしている人間なら必ず当たる問題。「どんなお客様に何を提供していきたいと考えているのか。これが明確でない人はうまく行かない。」と商売の先輩に自分の特徴を出すことの重要性を説かれます。...
スタッフ日記 · 09日 1月 2018
今年も入手してきました!! 山形屋紙店のレア福袋。 もう毎年恒例となっておりますが、今年は初日に出かけることが出来なかったので本日取りに伺って来ました。
スタッフ日記 · 07日 1月 2018
年頭のご挨拶で書きました、本年の詞は 「心温万能」にしました。 20年間無敗の男 雀鬼会の桜井章一会長がよく言葉にされています。もうかれこれ20年近く尊敬している人物のお一人です。 ニューヨーク留学中に何度も何度も読み返した桜井氏の書籍は今でもバイブルです。...
スタッフ日記 · 01日 1月 2018
皆様、あけましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご用命を賜り、厚く御礼申し上げます。 お蔭様で、本院は昨年11月に開院4年を迎えることが出来ました。 これもひとえに皆様のお引き立ての賜物と心より感謝しております。 本年も皆様にとって健康増進と開運飛躍の素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。...
スタッフ日記 · 28日 12月 2017
本2017年も残すところ後数日となりました。 皆様におかれましてはどのような年になりましたか? 先ほど、最後の患者様をお見送りして本年最後の仕事納めとさせていただきました。こうして無事に1年を終えられるのも、患者様、友人や家族の身に余るご厚情とご理解の賜物と、心より御礼申し上げます。本当に有難いことと、しみじみ感じております。...
スタッフ日記 · 24日 12月 2017
2017年もあとわずかの時期になりました。...

さらに表示する