新型コロナウイルス特設ページ

新型コロナウイルスについての方針


 更新日時:5/9 21:00の情報

 

【はじめに】

 

ナチュラルケア水道橋外来センターにご来院の皆様、いつもご贔屓いただきまして誠にありがとうございます。また、新型コロナウイルスに感染し、お亡くなりになられた方々、そのご遺族の皆様にはお悔やみ申し上げます。そして、軽度、重度を含みます感染者の皆様には、一日も早い回復と健康をお祈りいたします。

 

先日4月7日(火)に非常事態宣言が内閣総理大臣より発令がありました。まさに、戦後最大の危機が我が国日本、また世界も同様に訪れております。この国難を乗り切るためには、国民一人一人が危機意識を持ち、国の政策と各々ができる対策を協力一致で行動しつづけなければなりません。 

 

本来であれば、日本全国一斉に一定期間の都市封鎖を行うことができれば、かなりの短期間で、この問題を終息させることができるのかもしれません。しかし、現実には、経済活動を含めあらゆる問題を考慮しながら、行動せざるを得ません。当院も緊急事態宣言が発動された4月7日から4月15日までの間、即座に自粛休業体制に入りました。その間、ご予約をいただいておりました皆様やギックリ腰などまさに緊急事態を発生してしまった方々には大変ご迷惑をおかけしましたが、ご理解ご協力いただきましたこと誠に感謝申し上げます。

 

ここまで様子をみて参りましたが、全国の感染者数、とりわけ都内の感染者数は増加の一途をだとっている状況にあります。緊急事態宣言を受けた後でも、世間の外出自粛のブレーキには大きく繋がっていないようです。このままでは、諸外国の状況と照らしあわせると、感染拡大の加速化、医療崩壊は免れないのではないかと言われております。そこで、当院も5月6日まで完全休業をすべきであると思う一方、痛みや健康管理が必要な方々からの営業の要望もいただいており、苦渋の決断を迫られております。

 

臨時休業期間中にスタッフとも協議をしました。まずは患者様と我々自身の安全の確保が必要であると結論いたしました。そのためのガイドラインを作成し、リスクを減らすことに努めながら一部制限した状態で営業を続けることにいたしました。ご来院の皆様には、ご不便をおかけすることがございますが、お互いの安全と、持続可能な経営と皆様のために、是非ともご協力いただきたいと思います。(2020.04.11時点)

 

院長:朝倉穂高

 

 

緊急事態宣言期間中の営業方針


【暫定期間:6月1日~6月30日まで】・・・更新日時:5/30 20:30の情報

国、または都の方針が変わり次第、迅速に対応いたします。

 

本決定は、随時変更する可能性があるため、最新情報は当院の公式ホームーページ『新型コロナウイルス対応院内ガイドライン』のページをご確認ください。

 

【営業のご案内】

 

①4月13日(月)~26日(日)の期間

 週の後半、木・金・土・日の12時~20時(最終受付)のみ営業

 

↓↓↓↓↓↓

 

4月27日(月)~5月6日迄 自粛臨時休業

ただし、5月1日(金)のみEmergency Dayを1日設けます

現在継続中で施術が必要な方や、急な痛み、不調な方のために営業いたしますので、遠慮なくお申しつけください。 

5月7日(木)以降は、時短営業(11時スタート)で通常営業の予定をしておりますが、国の情勢、方針によって変更することがございますので、あらかじめご了承ください。

 

↓↓↓↓↓↓

 

③5月7日(木)~30日(土)の期間

 週の後半、木・金・土・日の12時~20時(最終受付)のみ営業

 

↓↓↓↓↓↓

 

④6月1日(月)~30日(火)の期間

 営業開始時間を1時間遅らせて11時~とさせていただきます。

 

 

 上記営業の理由:

①一般企業様は月曜日から動くことが多く、土日の週末は会社が休みになるため、週の後半の方が人の動きが少なくなることが予想されます。当院は通常日曜日休みですが、臨時的に日曜日を開けることにより、人混みを避けてご来院いただけるのではないかと思います。これにより、ご来院が必要な方には最小限の移動リスクにとどめられるのではないかと思われるため。

②現在(2020.04.25時点)の東京都内、全国的感染の増加と国の方針(接触8割減)に従って、皆様と我々双方の安全を最優先することを決断いたしましたので、ご理解、ご協力お願いいたします。 

③緊急事態宣言の延長(5/4)を受けまして、引き続き5月31日まで一部営業を制限しながら再開いたします。①同様に、人が少ないと思われる日時の営業形態をとりながら、心身の継続的ケアが必要な方々のサポート(メンテナンス可)に当りたいと思います。施術に関しては、新型コロナウイルス院内対策ガイドラインに従いなら、患者様に安心して受けていただけるよう細心の注意を払います。

④通勤ラッシュの混雑を避け、リスク分散させるため。

 

※上記営業時間内であっても完全予約制を取らせていただいておりますので、予約が入っていない場合は、スタッフの不在、または院を閉めさせていただいてる場合があることをあらかじめご了承ください。御用がある方は、こちらのお問合せフォームか、お電話の留守録へメッセージを残して下さい。確認を取り次第こちらからお電話させていただきます。その際は、すぐにお電話できない場合があると思いますが、あわせてご了承ください。

 

 

新型コロナウイルス院内対策ガイドライン


最新情報の追加:5/30 20:30

 

院内対策ガイドラインの動画1~7をまとめて観る(動画時間12:37)


1:営業時間等の変更について

 

■緊急事態宣言中、または情勢によって流動的に変化するものといたします。



2:院内換気環境について

 

■入口ドアと対面の窓を、患者さんがいる間は換気いたします。

 

■寒い場合は暖房と足元ストーブで対応させていただきますので、ご遠慮なくお申し出ください。

 

↓↓↓↓↓↓

 

■6月より夏季モード

ドライ、冷房運転につき、入口ドアは閉めさせていただきます。換気扇と対面側の窓を開け換気を行い、サーキュレーターは随時稼働いたします。



3:施術時間の厳密化について

 

■現在、院内規定第10-2(施術時間について:初回は約60分(健康調査票記入、問診、お着換え等含む)、再見は約40分、但し完全な時間制度ではありません。)の通り行っております。実際には、症状やその時々の状態(遅刻を含む)によって、余裕をもって最高60分までの時間を確保してまいりました。しかし、今後は、次の予約の方と院内での接触を可能な限り避けさせていただくため、お着替え、お会計を含み45分以内(2枠は90分以内)にさせて頂きますことをご了承きたく存じます。さまざまなご事情があるかとは思いますが、特に遅刻に関しては、今後は保証でき兼ねますことをご理解いただき、くれぐれも遅れないようお願いいたします。

 

■スタッフも時間管理の徹底を意識して行動いたします。

 

■残り時間の15分の間に換気、手洗、消毒を徹底いたします。



4:ご来院の際のご協力お願いについて

 

■上記理由により、患者様同士の接触を避けさせていただくため、ご来院の時間は厳守(5分前~丁度のお時間)でお願いいたします。早めに到着しても入室できませんので、ご予約時間丁度にお越し下さい。もし、早めにご到着された場合は、踊り場の待合にてご待機いただきますようお願いいたします。

 

■入室時、手指のアルコール消毒を必ず行ってください。消毒されない場合はご入室いただけません。

 

アルコールアレルギーなどの理由で、消毒できない場合はスタッフにお申し付けください。その際は手洗いをお願いいたします。

 

■来院に体温測定をさせていただきます。

非接触型体温測計でおでこの体温を測定させていただき、37.4度以上の場合は施術を見合わせていただきます。

 

厚生労働省は5月8日、新型コロナウイルスが疑われるとして診察やPCR検査を受ける際の「相談・受診の目安」を改定し、熱に関数する項目を削除しましたが、当院では無自覚の熱をスクリーニングするために引き続き継続いたしますことをご了承ください。

 

■血中酸素濃度測定(指測定)

血中酸素濃度については、一般社団法人日本感染症学会新型コロナウィルス肺炎診療方案ガイドライン5.臨床分類 3)重症型では安静状態での酸素飽和度≤93%となっております。それをもとに当院内基準では94%以下の場合は施術を見合わせさせていただきます。

 



5:お会計について

 

■現金の接触をできるだけ少なくするため、非接触型会計の推奨(PayPay)をしております。

 

今後は、他の非接触型のディバイスも検討していく予定です。

 

あくまでも推奨ですので、これまで通り現金・クレジットカードのご利用も可能ですので、ご安心ください。



6:ベッドタオル不使用について

■しばらくの間は、ベッドタオルを不使用とさせていだきます。

 

理由:ベッド全体を一回毎に消毒させていただくため。

 

↓↓↓↓↓↓

 

■6月より夏季モードで、ベッドが汗でべたつくため、これまで通りベッドタオルを使用を再開いたします。消毒は行いますのでご安心ください。



7:スタッフの体調管理について

 

■出社と退社時、患者様同様に我々スタッフも体温、血中酸素濃度測定し記録します。基準は患者様と同様とさせていただきます。

 

■スタッフの体調が思わしくない場合は、速やかに退社し、休養体制に入らせていただきます。その際は、大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、その日の予約をキャンセル、または変更させていただく場合があることをあらかじめご了承ください。

 


 

 

以上、現時点での院内対策とさせていただきますが、状況変化により臨機応変に変更させていただきますのでよろしくお願いいたします。また、皆様からもご要望等ございましたら遠慮なくご意見いただけますと幸いです。

 

院内対策ガイドライン責任者:朝倉穂高(院長)

新型コロナウイルス最新情報はこちらから


 

●東京都公式YouTubeチャンネル

 https://www.youtube.com/user/tokyo

 

●新型コロナコールセンター

 0570-550-571 (対応時間)9時~21時(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

 

●東京都緊急事態措置相談センター

 03-5388-0567 (対応時間)9時~19時(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

 

●東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト

 https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

 

●東京都新型コロナウイルス感染症最新情報

 https://tokyodouga.jp/100000/100700/100798/list.html