WHO国際基準カイロプラクティック学位保持者による補完代替医療臨床施設


 人体はおよそ60兆個の細胞からなっていますが、それら全ての「調和」を保つために重要な役割を果たしているのは、脳を中心とした神経系の働きです。

 

 背骨を通る脊髄とそこから全身に向かう神経は、脳と身体の各部位の情報とエネルギーを相互にやりとりするための重要な通り道です。

 

 カイロプラクティックでは背骨を単なる構造物として捉えず、神経機能の表現として着目し、主に身体内の情報とエネルギーの流れを改善させることで、人に本来備わっている「自然治癒力」をできるかぎり100%に近い状態で発揮できるようにすることを目的としています。 

特 徴


 

 当施設では身体観・生命観・自然観に制限をあたえない多角的かつ包括的な知見から、より快適なココロとカラダのあり方をご提案しております。

 

 そして皆さまが、健康からさらに強健へと、より高次なココロとカラダを目指し、単なる癒しではないお一人お一人の内にある真のクオリティ・オブ・ライフの実現と向上のお手伝いさせて頂いております。

 

 ココロとカラダの機能改善・向上によるお体の不調(こり・痛み・しびれ・疲労・不快感・違和感等)の改善のみならず、さらに健康の維持・促進を目的として、さらに高度なココロとカラダの開発を目指して頂けます。

 

専門スタッフ

カイロプラクティックの基礎教育と安全性に 関するガイドライン

 WHO(世界保健機関

で示された「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」では、世界カイロプラクティック教育審議会(CCE)公認を受けた大学の教育を修了した者を正規のカイロプラクターと認めています。

  

大学では解剖学、生理学などの基礎医学、カイロプラクティック学、臨床実習などを含む全日制4年~5年(4200時間以上)の教育が行われます。


この教育課程をすべて修了した、正規の国際基準カイロプラクターが行うカイロプラクティック業務が、国際基準のカイロプラクティックと言えます。  

 

したがって、アメリカやヨーロッパ諸国などの先進国ではカイロプラクティックの教育機関は公的に認められた大学のみで、専門学校や私塾のようなものは存在しません。

  

WHOが、このような厳しい教育指針を設けているのは、世界中の健康を求める人々が、安全で適切な水準のカイロプラクティックを享受できる環境を全世界に整えるためです。  

 

しかしながら、現在の日本では国際基準のカイロプラクターの数は850名程しかいません。


当施設で臨床にあたるドクターはカイロプラクティック大学を卒業した国際基準のカイロプラクターのみです。 

 

スタッフの詳しいプロフィールはこちら⇒⇒⇒スタッフ紹介